50代からの転職

50代からの転職

 いくつになっても仕事の悩みは人生の中で多くを占めるものです。年も変わって心機一転、転職をお考えの方も多いのではないでしょうか。転職は年齢を重ねれば重ねるほど難しくなってきます。難しいというよりも転職案件が少なくなってくるのです。年収も安くて若くてフットワークの軽そうな2〜30代の転職案件はありますが、50代になってくると極端に減ってきます。それでもやはり転職を考える場合ってありますよね。まず、転職回数が少ない方の場合、あまり心配することはありません。真面目に長いこと勤めていたということの評価は決して低くありません。

 

 同業同職種であればそのキャリアが評価されるでしょう。転職回数の多い方の場合は、いろいろ理由はあると思いますが、転職回数の理由を必ず聞かれますので、先方の納得できる答えを用意しておくとよいでしょう。また、よく次の職が決まるまでは離職しないほうが良いと言われますが、生活に困らなければこれは大きな問題ではありません。すでに辞めることを決めているのにダラダラするのは現在の勤務先にとっても自分にとってもあまりメリットはありません。また先が決まっていないのに辞めることはそれほど大きな転職のデメリットにはならないようです。50代に期待されるのはやはり経験値、マネージメント力、即戦力として何ができるか、です。転職市場において50代というと年寄扱いされるきらいがありますが、実際にビジネスマンとして脂がのりきっている年齢でもあります。自信を持って転職しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ